page top

柏屋別荘|くつろぎの客室

柏屋別荘|くつろぎの客室

客室イメージ
客室タイプと料金

庭を眺める

部屋

 中庭「つつじ庭」を取り囲むようにして建つ柏屋別荘のお部屋は、木造りの情緒あふれる和室が全20室。小さな宿ならではのしつらえで、ご滞在の快適さを完備しております。

 本館、対山亭、紅雲亭、離れ「素檗庵」の四つの棟は渡り廊下で続き、お部屋は畳廊下で結ばれております。当館ゆかりの文人、歌人が滞在した往時と変わらぬ風景が窓外にあります。

和室Aタイプ
和室Aタイプ

グループやご家族でのご宿泊にぴったりなh広めのお部屋です。

障子越しにやわらかな光が差し込むお部屋で、ゆったりとおくつろぎください。

バス・洗浄機能付トイレ、加湿機能付空気清浄機も全室にございます。

※写真のお部屋は一例です。部屋ごとにしつらえが違いますのでご了承ください。

和室Bタイプ
和室Bタイプ

おひとり様からファミリーでのご宿泊までさまざまなお客様に快適にお過ごしいただける8畳以上の和室のお部屋です。

木造の落ち着きのあるお部屋で、有意義な時間をお過ごしください。

バス・洗浄機能付トイレ、加湿機能付空気清浄機も全室にございます。

※写真のお部屋は一例です。部屋ごとにしつらえが違いますのでご了承ください。

きよすみ
きよすみ

臨泉楼 柏屋別荘が上田藩の代官出張所としての役割を持っていたころの面影を強く残しているお部屋です。

本京間の8畳二間の長い畳の廊下の奥には専用の露天風呂(沸かし湯)とお手洗いがございます。畳の廊下から一段上がってのふすまは上段の間と呼ばれ、かつて大名が泊まった部屋です。

この部屋からの眺めは最高で川端康成が「花のワルツ」を執筆したのもこの部屋です。

素檗庵
素檗庵

松尾芭蕉の弟子、曽良の句仲間であった藤森素檗の庵で、茅萱のしっとりとした佇まい。建物は文化6年の建物で、お茶室としても使用できます。

有島武郎の「信濃日記」もこの部屋で執筆されました。

部屋のお風呂は畳敷きで、正面の玄関よりお部屋まで段差が少なく完全に離れとなっているので、ゆっくりとご宿泊いただけます。

対山亭
対山亭

独立した棟の「さくら」「はなぐるま」からなる対山亭。館内の他の部屋と雰囲気の違う、まさに「新モダン」と呼ぶにふさわしいアプローチ。

窓からの眺めがいちばん素晴らしく、つつじの庭を間近に見ることができます。

お部屋は10畳+踏み込み、創業当時の舶来スタイルをあしらった浴室があり、真空管アンプのCDプレーヤーもございますので、ゆったりとお過ごしいただけます。

〒386-1431 長野県上田市別所温泉1640番地 TEL:0268-38-2345  FAX:0268-38-7863
Copyright © Rinsenro Kashiwaya Bessou All rights reserved.
柏屋別荘|くつろぎの客室