page top

木造建築

木造建築

心のふるさと「木造建築」

 衣,食,住と昔からいうように安全で心から安らぐ空間は食べ物や着る物と同様、人間にとって必要不可欠なものである。まだ人や物の交流がままならない昔から食べ物や着る物、そして建物はその土地に大量にある材料で造られてきた。そしてその土地の風土気候と密接に関係し、相互に影響しあって独自の文化を育んできた。またその中で人々は健康を願い安らぎを求め、様々な生活習慣が形作られてきた。その土地でとれる食材が体にいいように、その土地の材料で造られた建物が風土気候に適した安らぎの空間を与えてくれるのである。

 その材料とは我が国ではやはり木材である。木造は揺れる、木造はうるさい、木造は寒い、という人がいる。が、そんなことは昔から誰もが知っていたことである。ただ意識しなかっただけのことである。

 長い歴史の中のほんの最後の数十年だけ、我々は鉄筋コンクリートの建物を体験した。建築材料学的にみて木材とコンクリートは、全く相反する両極端の材料である。

渡り廊下

木造建築

 コンクリートは西洋的な発想の建築材料である。無味乾燥とした自然の中から空間を切り取り、外部に対して安全な空間を人工的に造るのに適している。人や物の動きを遮断し、視線を遮断し、熱や空気を遮断し、振動や音を遮断する材料である。その結果、外部とは無関係な静粛で均質で気密性が高く空調の効いた空間が造り出される。

 でもその中で本当に真の安らぎが得られるのであろうか。我々の体の中には雨の降る湿潤な気候の中で生きてきた先祖より受け継いだ遺伝子が組み込まれているはずである。

自然界に存在する力や光・音・空気を如何にうまく調節して空間内に取り入れるか、我が国の木造建築にはそのための匠の技が随所に息づいている。

木造の振動は様々な衝撃を吸収し優れた歩き心地と万が一体をぶつけてもけがをしにくい安全性を提供してくれる。軽やかで光や音や熱や空気を通す構造は、四季の移ろいや時の変化そして人の気配を感じさせ、なつかしい落ち着きを与えてくれる。

 木材内部に大量に含まれる空気は夏冷たく冬温かいぬくもりを提供し、湿度も調節してくれる。朝起きて喉がカラカラに渇くことはない。そして、使えば使うほど使い手の体になじみ味が出てくる。

どうしても使えない部分ができたら、そこだけ造り直すこともできる。そして使命を全うした暁には自然に返っていく。木造建築は我が国の風土気候から生まれ、文化を育ててきた日本人の心のふるさとなのである。

木造建築

  信州、別所温泉にある「臨泉楼柏屋別荘」は、木造を守り続ける旅館である。今までにも何度かお世話になっているが、今朝も心地よい目覚めを迎えることができた。どうやら私も、根っからの日本人のようである。

木造建築

2004年3月17日

東京工業大学工学部建築学科助教授 横山 裕

spacer

〒386-1431 長野県上田市別所温泉1640番地 TEL:0268-38-2345  FAX:0268-38-7863
Copyright © Rinsenro Kashiwaya Bessou All rights reserved.